日立の風アイロンはどのように使うのか

近年人気を集めている洗濯機が、ドラム式の洗濯乾燥機です。洗濯した後も干さずに衣類を乾燥させることができるため、便利な家電としても話題になっています。しかし、洗濯乾燥機で衣類を乾燥させたときに気になるのが、乾燥後の衣類に付くシワです。ワイシャツなどシワが気になる衣類を乾燥させたあとは、アイロンをかけなければいけないなど手間がかかると感じている方も中にはいるのではないでしょうか。そんなときにおすすめの洗濯乾燥機が、日立の風アイロン機能が付いた洗濯乾燥機です。日立の風アイロン機能を使うことで、乾燥後の衣類のシワが付きにくくなっています。しかし、なぜ日立の風アイロンは、衣類乾燥をしてもシワが付きにくい仕上がりになっているのでしょう。今回は、日立の洗濯乾燥機の中でも風アイロン機能についてご紹介します。

日立の風アイロン機能の特徴とは?

日立の風アイロンは、なぜ衣類の乾燥をしてもシワができにくいのでしょう。日立の風アイロンには3つの特徴があり、そのため衣類にシワができにくくなっています。1つ目は、乾燥時に時速約300㎞の高速風を当てて乾燥を行います。この高速風を吹きかけることで衣類を押し広げ、シワを伸ばして乾燥してくれます。2つ目の特徴が湿度コントロールです。湿度をコントロールして衣類を蒸らしながら乾燥を行ってシワを伸ばしていきます。日立の風アイロンの3つ目の特徴が、低温での乾燥です。約60度以下で乾燥することにより、衣類のシワを防いで乾かしていきます。また、低温で衣類を乾燥することで、衣類の縮みや変形を抑えて乾かすこともできます。このように、日立の風アイロンには3つの特徴があることで衣類にシワができにくくなっているのです。

日立の風アイロンはこんなときにおすすめ

高速風や湿度コントロール、低温乾燥と3つの特徴がある日立の風アイロンですが、おすすめの使い方はあるのでしょうか。まずは、日常的にアイロンがけを行っているという方に日立の風アイロン機能をおすすめします。毎日のアイロンがけは時間と手間がかかります。そこで日立の風アイロンを使うことで衣類のシワを抑えていけば、アイロンがけをしなければいけないという、家事の負担を軽減することができます。次におすすめの使い方が、梅雨時など雨の日での使用です。天気が悪いと洗濯物が干せなかったり、部屋干しで衣類の臭いが気になることがありますが、日立の風アイロンを使えば、ふんわりとした仕上がりで衣類を乾燥させることができます。家事の手間を軽減してくれる日立の風アイロン機能を、ぜひ一度、体感してみてください。

2018年8月30日