日立の風アイロンと従来品の相違点

日立の風アイロンというのは、日立が独自に開発した、湿気をコントロールすることで衣類のシワを伸ばす機能です。雨ばかりが続く梅雨の時期は特に、洗濯物が外に干せず、室内干しにすると洗濯物の臭いが気になります。あと、カッターシャツやシワになりやすい繊維の衣類だと、アイロンがけをしなければなりません。ですが、アイロンがけも1枚1枚しかできないので、枚数が多いと面倒になってしまいます。この風アイロンは、忙しい主婦の間でも人気が高く注目を集めております。ドラム式の洗濯機は乾燥機能を使うとシワになりやすいという洗濯機が、この風アイロン機能付きの日立の洗濯機は、ビックドラムで他のドラム式洗濯機より広く作られています。そして、高温で乾燥すると衣類を傷めてしまいますが、これは低温乾燥で衣類の縮みや変形を防ぎます。

日立の風アイロンにかかる電気代について

一般的に洗濯機の乾燥機能を使用すると、電気代が上がるので乾燥機能が付いた洗濯機を購入したとしても、衣類の乾燥は使用しても、毛布などの大きなものには使用した事がなく、それならコインランドリーに置いてある乾燥機の方がガスで乾燥するし、ふんわりとした仕上がりになるからという理由で、使用していない家庭が多いかと思います。ですがこの日立の風アイロンは、運転時に発生した熱を回収し、乾燥時にその回収した熱を利用するという機能を搭載している為、他の洗濯機の乾燥機能を使用するより電気代を抑える事ができるのです。しかも日立の風アイロン洗濯機は、ドラム式洗濯機の中でもドラム槽が大きいので、毛布やカーペットなどを洗って乾燥なんてことも十分にできてしまうので、クリーニング店に持って行ったり、コインランドリーに行く手間が省けるのです。

日立の風アイロンと従来の乾燥機能の相違点

日立の風アイロンの最大の特徴は、名前からも察する通り、乾燥後のアイロンが一切いらないという事です。従来の乾燥機能ですと、乾燥する事はできますが、シワが残る為、この後にアイロンがけが必要となってきます。ですが、日立の風アイロンは袖口までシワが残ることなく乾燥することができる為、乾燥後のアイロンは必要ありません。それに、短時間でシワを残さず乾燥することができるので、朝の忙しい時間に洗濯機へ放り込み、朝ご飯を食べている間に乾燥が終了するので、それを着て出勤や学校へ行く事が可能です。そして、ドラム式の洗濯機というのは、普通の縦型洗濯機より場所を取りますが、この日立のドラム式洗濯機は従来のドラム式洗濯機よりスリムな作りになっているので、場所を取りません。その上、1度に洗濯と乾燥できる量も従来のドラム式洗濯機より多い為、2度かけなければいけない洗濯の量でも1度に済ませる事が出来るのです。

2018年8月30日